キャンセルや変更もできるのか

- キャンセルや変更もできるのか

一面のラベンダー畑

キャンセルや変更もできるのか

格安航空券を購入した場合、予約する期間を早くした方が料金が安くなるので、事前に国内旅行に行くことなどがわかっている場合には、かなり早めに予約をする人も多いでしょう。しかし、急用が入ることもあるので、キャンセルや変更をしなければいけない事態になることもあるでしょうが、実際には可能なのでしょうか。

キャンセルは航空会社で行うのが一般的

飛行機のチケットを購入する際には、インターネットを使うのが便利です。特に空港というのは住宅地から離れている場所に作られているのが一般的なので、わざわざ格安航空券を購入しに行くというのはとても不便です。その点インターネットであれば、どこにいても購入することができます。

しかし、航空券を購入する場合には、必ずしも航空会社のサイトで買うとは限りません。中には比較をするのと同時に購入できるサイトもあるので、このようなサイトで購入した場合、キャンセルができなくなるのです。では、どのようにすればキャンセルができるのかというと、購入したチケットの航空会社で行うようになります。

例えば全日空のチケットを別のサイトで購入して、急にキャンセルしなければいけなくなった場合には、全日空に問い合わせてキャンセルを行います。ただし、キャンセルをする際には手数料がかかりますし、ギリギリになってから行うことで、キャンセル料も高くなるのが一般的です。

料金を支払う前であれば、どこのサイトで購入してもキャンセルはできますし、料金を取られてしまうこともありません。このように早期購入にはメリットもあれば、デメリットも存在していることを覚えておきましょう。

行き先や日にちの変更

国内の行き先変更を行う場合や、日にちの変更を行う場合にも、基本的には航空会社で手続きを行うようになります。これはキャンセルする場合と一緒です。基本的には行き先変更も日にちの変更も、同じキャンセル扱いとなります。

まずは現在保有しているチケットをキャンセルし、新しく別の行き先や日にちのチケットを購入するようになるので、キャンセル料を取られててしまうことも多いでしょう。もちろん変更先の座席がすでに埋まっていれば、変更することができなくなるのはいうまでもありません。

キャンセル料を取られない場合もある

行き先変更やキャンセルをすれば、通常はキャンセル料を取られますが、飛行機の整備不良や天候不順などで発着できなくなった場合には、全額払い戻しとなりますし、キャンセル料を取られることもありません。

  ← 前の記事:   次の記事: