国内旅行へ1万円以下で行ける!?とってもお得な格安航空券を使ってみよう!

- とてもお得な格安航空券

一面のラベンダー畑

とてもお得な格安航空券

飛行機は早いけれど、空港まで行くのに時間がかかる、料金が他の交通機関よりも高いという欠点がありました。しかし、現在では飛行機の料金もかなり安くなっているのです。なぜなら空港が乱立している状態で、利用者が分散してしまったからです。しかし、安くなった料金の飛行機を利用しない手はありません。

海の幸丼

1万円以下の搭乗も可能

国内旅行や出張などに便利な格安航空券ですが、重要なのはどれぐらい安い料金で乗れるのかという点でしょう。いくら安くなるとは言っても、少ししか変わらないようではあまり意味がありません。そこで料金を見てみると、利用する日や空港、行き先などによって変わるものの、1万円以下でも利用が可能な区間がたくさんあります。

飛行機は長距離を移動するのに使用されているので、短距離であっても実際には相当な移動距離を稼げるのです。ここで1例を挙げてみると、東京都内にある羽田空港から、九州の南部にある鹿児島空港まで飛行機で移動した場合、早期購入割引という制度を用いて特定の航空会社を利用した場合、1万円以下での購入が可能になります。

鉄道やバスの乗り継ぎで移動したとしても、1万円以下で行けるような距離ではありません。そう考えると飛行機の料金がいかに安いのかということがわかるでしょう。もちろん乗る飛行機会社や座席のクラスによっては雲泥の差が出てしまうのですが、ちょっとした工夫と情報収集をしておけば、かなり交通費を抑えることができるのです。

また、LCCについてもそれぞれ地方ごとの特色があり、仙台に拠点をおくアイベックスなどは仙台→関西間を主な航路としています。

浮いた分は他のことに使う

交通費が浮けば、旅行に行ったときなどは豪華な食事をすることもできますし、高いホテルに宿泊することもできるでしょう。お土産にお金を使ってもよいですし、宿泊数を増やすことも可能です。実際にはかなりの交通費が必要になっているので、この点を考えれば飛行機がどれだけ安くて便利なのかが実感できます。

しかも他の交通機関より早く目的地まで着けるので、いいことばかりだと言えるでしょう。先ほど紹介した早期割引ですが、このシステムは早く予約すればするほど料金が安くなる仕組みになっています。そのため、1ヵ月前に予約をした場合と、2ヵ月前に予約をした場合では、料金にも大きな差が出てしまうのです。

航空会社によっても割引率やいつまで割引が適用になるのか変わってくるのですが、基本的には普通料金が高く設定されている航空会社の方が、より割引される率が高くなっていることが多いでしょう。逆に普通料金がすでに安くなっている場合には、それほど割り引かれることはありません。

それでもかなりお得になることは間違いないので、浮いた分は好きなことに使ってストレスを発散することをおすすめします。国内には素晴らしい観光地がたくさんありますし、おいしい物もたくさんあるので、楽しい旅行が満喫できるように工夫してみましょう。

料金はどれぐらい安くなるのか

普通に購入した場合の料金と、格安航空券を購入した場合には、どれぐらい差が出てしまうのかは、航空会社によって変わってきます。日本を代表する大手航空会社の場合には、2017年時点で羽田から鹿児島間で44540円かかります。これが早期割引で75日より以前に購入した場合には、9740円で済んでしまうのです。

これは相当な差があると言えるでしょう。もちろん日にちによって料金は変わってきますし、今後変更される可能性もあるので、あくまで参考程度に見ておいてください。別の区間でもかなり大幅な値下げが実現できることも多々あります。いろいろと調べてみると、5分の1程度まで料金が減らせるのです。

交通費を最も減らせるのが飛行機

日本の交通機関では、いろいろな割引サービスを行っています。しかし、飛行機ほど大幅に割引できる交通機関はありません。よって遠出をするときには、飛行機が最も便利な乗り物であると言えるでしょう。